スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左リスフランJ

昨日、中学3年生の女の子が左の足の親指を上(背屈)に動かすと痛くて動かないと来院してきた。

4日前から疼痛出現。

舞踊で、足が硬く動きにくいから自分自身で拇指を背屈強制をした時にグッキっと音(キャビテーション?)がした。
その後、痛みが憎悪。

疼痛が引かない為、当院に来院。

早速拝見。

圧痛は、リスフランJ部に有り。
腫脹は、特に無し。
運動痛は、著名。

私が修業時代に一度同じような症状の患者さんを診たことが有るような記憶が甦ってきた。

その時の患者さんは、バレリーナだったような気がする。

その時の事を思い出しつつ、手技検査に移行。

はじめに疑ったのは、リスフラン関節部(拇指中足骨と稧状骨)の関節炎をおこしているのか?
次に、長拇趾伸筋と長趾伸筋と前脛骨筋と短拇趾伸筋を疑った。

神経病変があれば、下垂足になるので神経障害は除外。

拇指の趾節間関節付近での抵抗運動でリスフランJ付近にギシギシと軋轢音を感じたと同時に疼痛憎悪。
拇指の趾節間関節より遠位部(拇指先)で抵抗運動でリスフランJ付近にギシギシと軋轢音を感じたと同時に疼痛憎悪。

短拇趾伸筋よりも長拇趾伸筋の方が疼痛を訴えている。

後は、ギシギシ音だがインターセクションシンドロームと同じような症状なのでリスフランJというよりも伸筋による炎症で痛み出現しているのであろうと、診断。

次に、熱感が多少あったので境界膜メッシュを貼り、エラストポアでテーピング。

テーピングの後、自動運動をしてもらうと痛みが激減して拇趾の背屈が出来る。

が、ギシギシの音は消失せず患者さん本人も気持ち悪いと訴えてきたがアイシングを指示して本日来院するように伝えて終了。

最近は、ナカナカブログの更新が出来てないので今年残りわずかだが更新を心がけたいと思っております。

書きたい事が一杯あるんやけど、何から手を付けていってええのやら・・・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハン・リョウ

Author:ハン・リョウ
鍼灸・柔道整復師です。

仕事の事、日常の私生活を適当に書いていきます。

宜しく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
医学
332位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。