スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発性の痛み 続1

前回、右胸部の疼痛を訴えていた女性の患者さんですが、経過報告をします。

あれから、鍼・手技を続けてましたが症状が全然改善しません。

私は、内科的なものかを疑いつつ根気よく施術をしました。

起座動作時・咳払い時の痛みが施術後も変わらずかなり迷いました。

本日、施術後に改善しなければ提携先の整形外科の先生に依頼をしようと考えました。

紹介するにも今一度、頭を冷やして全体的に望診しようと思い動作・仕草を観察させてもらいました。

すると、何となく右の腰部をかばっているように見えたので触診すると右胸腰移行部の筋緊張が強く弦が張っている感じを受けた。

患者さんは、腰部は全然痛みが無く気にしていないとのこと。

ベッドに寝てもらい右の腰部をアプローチした。

患者さんは、飛び上がるぐらいの痛みを訴えたが少し我慢をしてもらいゆっくりと圧をかけていくと数秒後に腰部の痛みは消失。(一点圧にならないように、徐々に圧を加えた。)

次に、患者さんにベッドから起き上がってもらった。

この時、いつも胸に痛みが強く出現していたが、痛みが有るものの症状が改善していた。

次に、咳払いをしてもらった。

なんと、痛みがほとんどなく楽とのこと。

腰部の筋緊張の影響で胸部に放散痛があるのか?っと疑ったが、現に痛みが改善している。

右腰部の圧痛点(アゼ穴)に円皮鍼を1個だけ貼り、もう一度咳払いとベッドからの動作をしてもらうと痛みがあるものの楽とのこと。

一時的かもしれないがもう少し様子を見させて頂くことにした。(説明後、患者さんの了解をもらっている。)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハン・リョウ

Author:ハン・リョウ
鍼灸・柔道整復師です。

仕事の事、日常の私生活を適当に書いていきます。

宜しく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
医学
338位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。